柴崎岳さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

柴崎 岳(しばさき がく、1992年5月28日 – )さんは、青森県上北郡野辺地町出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。日本代表。妻は女優の真野恵里菜さん。

運動量豊富なゲームメイカー。試合の流れや状況に応じて自らの判断で長短のパスを調整し、遅攻か速攻かを方向付けて攻撃をコントロールするレジスタ(司令塔)タイプ。攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができます。

日本代表として

2018年6月、ロシアワールドカップのメンバーに選出されました。グループステージ3試合、決勝トーナメント1試合に出場して、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では、原口元気さんの先制点をアシストしました。ロシアW杯の日本代表の中心としてチームのベスト16に貢献。

タイトルとURLをコピーしました