長谷部誠さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

長谷部 誠(はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 – )さんは、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。元日本代表。妻はモデルの佐藤ありささん。

2006年から代表引退を発表した2018年まで日本代表に選ばれ続けて、キャプテンとしてワールドカップに3度出場(2010年・2014年・2018年)。キャプテンとして出場した代表での試合数は81試合。2019年にはドイツのサッカー専門誌『kicker』選出のシーズンベスト11と、欧州サッカー連盟(UEFA)が選ぶヨーロッパリーグ(EL)の優秀選手に選出されています。

日本代表として

2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征の際にサッカー日本代表に初選出。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場して、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示しました。

2010 FIFAワールドカップ

2010年5月10日、南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーに選出。岡田さんから長らくキャプテンを務めていた中澤佑二さんに代わるゲームキャプテンに指名され(チームキャプテンは川口能活さん)、W杯ではグループリーグ3試合と、決勝トーナメント1回戦にキャプテンとして先発出場し、日本代表のベスト16入りに貢献しました。

2014 FIFAワールドカップ

2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップ前には、同年2月に手術した右膝の炎症が再発し直前の親善試合ではキプロス戦以外は全て欠場。本大会では全試合スタメンで出場しましたが、チームはグループリーグ敗退となりました。

2018 FIFAワールドカップ

2018年6月、ロシアワールドカップのメンバーに選出されて、W杯3大会連続出場を果たします。ダブルボランチの一角としてグループリーグ3試合に出場し、キャプテンとしてグループリーグ突破に貢献。

しかし、チームは決勝トーナメント1回戦で敗れてベスト16止まりに終わり、自身のインスタグラムにてこの大会限りでの代表引退を表明しました。

タイトルとURLをコピーしました