服部年宏さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

服部 年宏(はっとり としひろ、1973年9月23日 – )さんは、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。

日本代表として

1996年アトランタオリンピックで、ブラジル代表の最大のキーマンとされたジュニーニョ・パウリスタさんのマンマーク役を務め完封した事で一躍その名を上げると、同年には日本代表にも初召集されデビューを果たします。

1998 FIFAワールドカップ

1998年ワールドカップの代表メンバーに選ばれました。しかし、出場機会はありませんでした。

2002 FIFAワールドカップ

2002年ワールドカップの代表メンバーにも招集されます。トルシエ政権下では左ストッパーとしてレギュラーに定着していた時期もありましたが、2001年にフランスに大敗後、守備強化を掲げたトルシエさんは服部さんを左サイドの守備固め要員としました。

タイトルとURLをコピーしました