東口順昭さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

東口 順昭(ひがしぐち まさあき、1986年5月12日 – )さんは、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。元日本代表。

日本代表として

2018年、ロシアワールドカップのメンバー入りを果たしました。大会中は、正GKの川島さんのパフォーマンスが安定しなかった事もあり、メディアから東口さんや中村航輔さんを推す声も出ました。しかし、出場機会はありませんでした。

その後、9月10日に放送された『GAMBA TV〜青と黒〜』で、W杯で監督を務めた西野朗さんがゲスト出演した際にVTRで「どうしたら使われたんですか?」と直球の質問をし、「(東口は)最高の準備をしたと思う。ただ、キーパーは継続して使う、代えて好転させる、(2つ選択肢がある中で)自分は継続を選んでしまいました」と川島さんを起用し続けた理由を西野さんから聞いています。

タイトルとURLをコピーしました