明神智和さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

明神 智和(みょうじん ともかず、1978年1月24日 – )さんは、兵庫県神戸市出身の元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元サッカー日本代表。

日本代表として

2000年、当時のU-23兼日本代表監督であったフィリップ・トルシエさんの高い評価を受け、U-23代表、及びA代表に選出されました。U-23では主にディフェンシブハーフとして、A代表では主に右サイドで起用されると、シドニーオリンピックでのベスト8進出や、アジアカップでは2得点を挙げ、日本代表のアジア制覇に貢献。

堅実で勤勉なプレースタイルから、トルシエさんは

トルシエさん
トルシエさん

完璧なチームとは、8人の明神と3人のクレイジーな選手で構成される

と、組織的な日本のチームにおいて不可欠な選手であると絶賛しました。

以後、トルシエジャパンのレギュラーの座を獲得、2002 FIFAワールドカップでも3試合に出場し、日本代表初の決勝トーナメント進出に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました