中村憲剛さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

中村 憲剛(なかむら けんご、1980年10月31日 – )さんは、東京都小平市出身の元サッカー選手。元日本代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にトップ下、ボランチ)。

プロデビューから引退まで川崎フロンターレ一筋のバンディエラ(チームの象徴的な選手)。

日本代表として

2006年、A代表に初選出。10月4日のガーナ戦で初出場、10月11日のインド戦で代表初得点。

2010年2月23日、AFCチャンピオンズリーグ2010の城南一和戦で下顎骨骨折するも、南アフリカワールドカップ最終メンバーに選出。決勝トーナメント第一戦のパラグアイ戦に出場しました。

タイトルとURLをコピーしました