中山雅史さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

中山 雅史(なかやま まさし、1967年9月23日 – )さんは、静岡県志太郡岡部町(現藤枝市)出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。ポジションはフォワード。

ゴンあるいはゴン中山の愛称で知られています。愛称の由来は大学時代、当時の先輩にオレたちひょうきん族に登場したビートたけし扮する鬼瓦権造に顔が似ている事からだそうです。ほかに、中山隊長、隊長の愛称があります。1996年から1998年までジュビロ磐田でキャプテンを務めました。

日本代表として1998 FIFAワールドカップ、2002 FIFAワールドカップにも出場。1998年のFIFAワールドカップ本大会で日本代表初ゴールを決めています。

日本代表として

1998 FIFAワールドカップ

1998 FIFAワールドカップ・アジア予選のグループリーグ最終節(1997年)のカザフスタン戦で約2年半振りに代表へ復帰しゴールを決めると、イランとのアジア第3代表決定戦でもスタメン起用の期待に応え先制点を決め、日本のワールドカップ初出場(「ジョホールバルの歓喜」)の重要な役割を果たしました。

翌年、1998 FIFAワールドカップにも選出されると、全敗でグループリーグ敗退したものの、3試合すべてで先発し、最終節のジャマイカ戦では、日本代表のワールドカップ初ゴールにして今大会唯一のゴールを決めます。その直後の相手選手との接触で脚を骨折しながらも試合終了までプレーし続けたことで、その闘志が称賛されました(「骨折していながらもゴールを決めた」「ゴールと引き換えに骨折した」というのは誤り)。

2002 FIFAワールドカップ

2002年には、世間からは「中山待望論」はあったものの、リーグ開幕から不調で、直前の海外遠征のメンバーから外された事や、トルシエさんが落選をほのめかしたことから、本大会代表には選ばれないとの推測・報道が多数を占めました。

しかしベテラン抜きで挑んだ直前遠征で結果が出せなかった事もあり、代表に足りない「精神的支柱」としての意味も含め秋田豊さんとともに2002 FIFAワールドカップ日本代表に選出されました。

日本のワールドカップ初勝利となったロシア戦で後半途中からピッチに立ち、「ドーハの悲劇」、1998年W杯、2002年W杯を日本代表として経験した唯一の選手となりました。

タイトルとURLをコピーしました