名波浩さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

名波 浩(ななみ ひろし、1972年11月28日 – )さんは、静岡県藤枝市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、解説者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元日本代表。ボールタッチやキックのほとんどを左足で行うレフティ。

Jリーグのジュビロ磐田、セレッソ大阪、東京ヴェルディ1969、イタリア・セリエAのACヴェネツィアでプレーしました。Jリーグベストイレブンを4度受賞。日本代表では背番号10を着用し、1998年のフランスワールドカップに出場した経歴を持ちます。

ボランチのポジションから長短の繊細なパスを繰り出すゲームメーカー。高校、大学、ジュビロ入団当初まではトップ下でプレーしていましたが、日本代表で加茂周監督に展開力と守備への適性を買われ、ボランチへコンバートされます。以後、代表やドゥンガさん退団後の磐田では中盤の底に位置して、ゲームの流れをコントロールする役割を果たしました。

日本代表として

1995年から加茂周監督率いる日本代表に招集。当初はクラブと同じ攻撃的MFで起用されていましたが、アトランタ五輪後に前園真聖さんが日本代表に合流するタイミングでボランチにコンバートされました。その後、中田英寿さんの台頭もあって、日本代表では主にボランチで起用されました。

1998年フランスW杯では、アジア地区予選から日本代表の一員として出場。背番号10を付けて、中盤の中心選手として本大会にも全試合に先発出場しました。その後、右膝の怪我をするまでの約6年間、日本代表の10番として君臨しました。名波さん本人は7番の着用を希望していましたが、代表のスターティングメンバー選出時に10番を任され困惑したというエピソードが存在します。

タイトルとURLをコピーしました