岡野雅行さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

岡野 雅行(おかの まさゆき、1972年7月25日 – )さんは、神奈川県横浜市港北区出身の元サッカー選手。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。人並み外れた快速の持ち主で、長髪を振り乱しながら駆け回る姿や、足元の技術が拙いとされている事などから、「野人」のニックネームで親しまれました。

日本代表として

1995年1月に開催されたキング・ファハド・カップ(インターコンチネンタルカップ)の日本代表メンバーに選出されましたが、同大会では試合出場はなく、同年9月20日のパラグアイ代表戦にて代表初出場。1996年8月25日のウルグアイ代表戦にて初ゴールを記録。

1997年、1998 FIFAワールドカップ・アジア予選にも参加しますが、最終予選では出場はないまま迎えたアジア第3代表決定戦(イラン代表戦)に、延長戦の開始から出場。GKと1対1など決定機を数度逃すも決勝ゴールデンゴールを決め、日本代表をワールドカップ初出場に導いた事で、一躍時の人となりました。

1998年、1998 FIFAワールドカップ日本代表に選出。グループリーグ第2戦・クロアチア戦の後半16分から途中出場しました。

タイトルとURLをコピーしました