小野伸二さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 – )さんは、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。

FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、UEFAカップ優勝、アジア年間最優秀選手賞を受賞。

中盤の攻撃的な位置から攻撃を組み立てるゲームメーカー・チャンスメーカー。また、ボールコントロールの正確さから、「ボールと会話できる選手」と呼ばれます。両足ともに精度が高く繊細なボールタッチを持ち、主にダイレクトプレーでテンポよくゲームをコントロールします。受け手に優しく柔らかいパスは、海外移籍前の日本では「エンジェルパス」、移籍後のオランダでは「ベルベット・パス」と称されて、多くのアシストを記録しています。また、FWではないもののシュート技術にも秀でており、走るスピードも俊足です。

日本代表として

1998 FIFAワールドカップ

1998年にはアジアユース選手権で準優勝し、自身もMVPを獲得。韓国とのワールドカップ共催記念試合で岡田武史監督に抜擢されて、18歳でフル代表初出場を果たした。その後フランスW杯の日本代表に選出され、第3戦のジャマイカ戦で途中交代から15分間出場しました。この試合ではファーストタッチで相手選手を股抜きでかわすなど好プレーを連発しました。18歳と272日でのワールドカップ出場。

2002 FIFAワールドカップ

2002年6月には、日韓ワールドカップでの日本代表に選出されて、虫垂炎を患いながらも全4試合に出場し、日本代表として史上初のベスト16に貢献しました。

2006 FIFAワールドカップ

2006年6月に3大会連続となるドイツW杯日本代表メンバーに選出されて、初戦のオーストラリア戦で交代出場を果たしました。

タイトルとURLをコピーしました