酒井宏樹さんのサッカーワールドカップ日本代表選手としての経歴

プロフィール

酒井 宏樹(さかい ひろき、1990年4月12日 – )さんは、長野県および千葉県出身(プロフィールによって異なります)のサッカー選手。日本代表。

スピーディーかつダイナミックなオーバーラップと、右足から放たれる鋭利な高速クロスが持ち味のサイドバック。

日本代表として

2012年5月23日、キリンチャレンジカップ・アゼルバイジャン戦で国際Aマッチ初出場。

2014 FIFAワールドカップ

2014 FIFAブラジルワールドカップのメンバーに選出されます。しかし、本大会での出場機会はありませんでした。

2018 FIFAワールドカップ

2018年6月、ロシアワールドカップメンバーに選出されて、第1戦目のコロンビア戦でW杯初出場を果たしました。本大会は4戦全てにフル出場し、チームのベスト16に貢献しました。その活躍ぶりを仏レキップ紙は「日常的にリーグ・アン(フランスのプロサッカーリーグ)で活躍し、W杯で記録を残している外国人選手」7人の内に酒井さんを選出しており、セネガル戦のユスフ・サバリさんとのマッチアップは素晴らしい攻防だったと評価しています。

タイトルとURLをコピーしました