三都主アレサンドロ選手のサッカーワールドカップ日本代表経歴

プロフィール

三都主 アレサンドロ(さんとす アレサンドロ、Santos Alessandro、1977年7月20日 – )さんは、ブラジル・パラナ州マリンガ出身の元サッカー選手。

2001年11月12日、日本国に帰化し、現在はブラジルと二重国籍。帰化以前の本名はアレッサンドロ・ドス・サントス (Alessandro dos Santos) 、当時の登録名はアレックス (Alex) 。

利き足は左。ポジションは左ウィングバック、攻撃的MFとしての出場のほか、清水在籍時にはフォワード、名古屋加入以後はセンターハーフ、日本代表では左サイドバックでも出場。

16歳のときにサッカー留学生として日本の明徳義塾高校に入学し、97年に清水に加入。99年に史上最年少の22歳でJリーグ年間最優秀選手賞を受賞。04年に浦和レッドダイヤモンズに移籍し、07年にはオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでプレー。08年に日本に復帰し、浦和、名古屋グランパスエイト、FC岐阜、栃木SCに在籍。15年にブラジルへ戻りマリンガFC、グレミオ・マリンガなどでプレー。

2001年に日本国籍取得後、2002年から2006年までサッカー日本代表に招集されて82試合出場7得点。FIFAワールドカップに2回(2002年日韓大会、2006年ドイツ大会)出場、2004年アジアカップに優勝。

日本代表として

2002 FIFAワールドカップ

2001年11月に日本への帰化申請が認められると、フィリップ・トルシエさんによって日本代表に招集されて、2002年3月のウクライナとの親善試合で代表デビューを果たします。

2002 FIFAワールドカップの日本代表にも選出されました。同大会のグループステージでは初戦のベルギー戦に途中出場。さらにノックアウトステージ一回戦のトルコ戦では、トルシエ監督の奇策により変則の左ウイングで先発出場すると、クロスバー直撃のフリーキックを放つなどしましたが、1点をリードされる展開にトルシエ監督がメンバーやフォーメーションを従来の形に戻したため、前半のみで交代となりました。

2006 FIFAワールドカップ

2002年W杯後に就任したジーコさんからも招集され続けましたが、当初は中村俊輔さんら攻撃的MFの控えでした。しかし、2003年6月に日本代表がアルゼンチンに1-4の大敗を喫し、それまで左サイドバックだった服部年宏さんがレギュラー落ちした為、後任の左サイドバックに抜擢されるとレギュラーに定着し、3バック採用時は左サイドハーフとして2006年W杯の最終戦まで約3年間スタメン出場を続けました。しかし、4バックの慣れない守備に追われ、サイドバックとしては難がある守備力を露呈することもありました。一方で、後に日本代表監督を務めるイビチャ・オシムさん(当時ジェフ千葉監督)は

イビチャ・オシムさん
イビチャ・オシムさん

(ドイツ)W杯のクロアチア、オーストラリア戦を見たがアレックスが一番いいDFだったのではないか。左利きは数少ない上にアレックスより優れた選手は何人いるでしょうか

と攻撃面を評価しました。

タイトルとURLをコピーしました